COVID-19 : 学校向け蔵書検索サービスの無償提供について

(URLに基づく閲覧制限で職場でこの情報を見られない方へ)
このページをスマートフォンなどでご覧いただいている方で、職場からこのページにアクセスできない場合は、以下のURLへのアクセスをお試しください。
https://calil.jp/unfiltered/negima.html

学校図書館などを対象にインターネットからの蔵書検索と、申し込みを受け付ける簡易的なシステムを無償で提供します。これにより、蔵書検索システムが整備されていない場合や、早急に整備することが難しい場合でも簡易的なウェブサービスを立ち上げることができます。

サービスのイメージ

昨日(4月23日)、文部科学省が発表した事務連絡において、休館した学校図書館の取り組み事例が発表されました。この中で紹介されている「郵送等による配達貸出し」などで、カーリルが提供する業務用の横断検索APIおよび、この技術を応用して学校図書館と実験を進めていた検索サービスを活用できます。国立国会図書館やopenBD(出版社の提供する本の情報)の公開データを活用し、エクセルや業務システムで管理されている最低限の所蔵データから検索精度の高い蔵書検索サービスを実現します。また、公共図書館(公立図書館)などの蔵書もあわせて検索するなど、実施するサービスモデルに応じてカーリルが対応する全国の図書館と連携できます。

このようなサービスは、一般的には導入している図書館システムの機能を活用することが想定されますが、図書館システムを未導入の場合や、従来の図書館システムにインターネットで蔵書検索サービスを提供する機能がない場合にも活用いただけます。

休館の拡大に伴い業務用の検索サービスの需要が低下しているため、この余剰リソースを活用します。ユーザーの希望があれば5月初旬には提供が開始できる見込みです。詳しくは以下のよくある質問に掲載のPDF版資料(5/2追加)をご確認いただき、カーリルまでお問い合わせください。

なお提供期間は定めていませんが、サービス開始からすくなくとも24か月程度は安定的に提供いたします。なお、郵送サービス等にあたっては、物流負荷を考慮の上、無理のない運用を検討しましょう。

文部科学省の事務連絡から抜粋

(追記)よくある質問

お寄せいただいた質問のうち公開可能なものは随時ここに掲載します。

Q.個人情報の取り扱いはどうなりますか

原則としてカーリルがデータを蓄積する必要がありませんので、直接、図書館や学校に予約申し込みを送信する機能を提供します。(あくまで受付までで、受付後の管理については提供しません)アクセスログを含むパーソナルデータはプライバシーポリシーに基づいて厳重に取り扱います。

Q.デモ画面はありますか(5/1追加)

デモサイト(カーリル高校の蔵書検索)を用意しました。

Q.詳しい資料が欲しいのですが(5/2追加)

PDF版資料を作成しました

Q.予約連携先としてMicrosoft Formsには対応できますか。(5/12追加)
Microsoft Formsには外部連携機能が現在のところ実装されておらず、対応できません。

Q.公民館の図書室などでも使えますか(5/13追加)
対応いたします。ご相談ください。

Q.カート機能のデモ画面はありますか(5/15追加)
カート機能のデモサイトを用意しました。

Q.大学図書館でも使えますか(5/23追加)
もちろんご利用いただけます。

Q.学校再開後でも使えますか(5/23追加)
もちろんご利用いただけます。

Q.説明文などにルビをつけたい(6/24追加)
Wordファイルに入力し、Wordのルビ機能でご指定ください。