Internet Explorer 11への消極的対応について

カーリルでは、2021年8月以降に順次 Internet Explorer 11 (IE 11) のサポートを終了することを決定しました。IE11を引き続き利用することができますが、一部の機能が制限されたり、他のブラウザと見た目が違うことがあるかもしれません。これをIE11への消極的対応といいます。ご不便をおかけしますが、早急に新しいブラウザに移行していただくようお願いいたします。カーリル利用者のうち約5.9%がこの影響を受ける見込みです。

IE11のサポート終了スケジュール

カーリルでは、より幅広い利用者に使っていただけるよう、古いブラウザにも積極的に対応してきました。しかし、IE11はマイクロソフトのクラウドサービスでもサポートの終了がアナウンスされており、多くのウェブサービスが2021年中にサポートを終了する予定です。これにより、カーリル以外の多くのウェブサービスの利用が制限されます。

問題が複雑なのは、現時点でIE11を利用している皆様の多くが、自らの意思ではブラウザを選択できない環境にあることです。私たちが以前IE6のサポートを終了した際には、図書館内の公開端末や、学校内に設置されたコンピュータからカーリルにアクセスできなくなったという問い合わせを数多くいただきました。特に図書館においては、予算の制約により、古いコンピュータを使い続ける以外に方法がないという事例もありましたが、多くは、新しいブラウザが利用できる環境であるにもかかわらず、端末管理システムや図書館システムの動作環境の制限(図書館側の一方的な事情)により、古いバージョンのブラウザの利用を強制されているという相談でした。

このような状況を踏まえて、カーリルでは(以前のIEサポート終了と比べて)ゆっくりとIE11のサポートを終了していくことにしました。最低限の検索機能については2023年1月末までサポートを継続します。そのほかのカーリルの機能(読みたいリストやカーリルレシピなど)は、 2021年8月以降は消極的対応に方針を切り替えます。また、2021年8月以降に提供する新たなサービスではIE11に対応しません。

図書館のシステム担当者の方へ

情報へのアクセスを制約することになるため、図書館の公開端末や業務端末での「IE11の強制」はただちに廃止するべきです。公共図書館における一般的な調達サイクルである60か月後には、すでにIE11のサポートそのものが終了するため、新しい端末やシステムを導入する場合にはIE11を利用するべきではありません。カーリルでは、図書館業務向けのAPIを提供しています。残念ながら、このサービスのユーザーは特にIE11が多い傾向にあるため、さらに長い消極的対応期間を設定しました。ただし、2023年10月以降に新たに提供する提供先に対しては、IE11へのサポートは提供しません。

サポートを終了予定の具体的機能(随時更新)

  • カーリルレシピの編集機能
    2021年8月以降サポート終了予定
    (機能改善に伴いサポートの維持が困難であるため)

カーリルをご利用のみなさまへのお願い

カーリルにしばらくアクセスしていないユーザーは2021年1月1日以降にログアウトしたり図書館の設定がリセットされる可能性があります。設定を維持するために、12月中にカーリルにアクセスしてください。お手数をおけしますが、ご協力をよろしくお願いします。

なぜ問題が発生するの?

この問題はブラウザに保存された「クッキー」の有効期限切れにより発生します。カーリルは2010年にサービスを開始しました。このとき、「クッキー」の有効期限は10年後の2020年12月31日にハードコーディング(プログラムに直接記述)されました。私たちは、今年の3月にこの問題に気が付きましたが、アップデートの適用が遅れたため、多くのユーザーが影響を受けることになりました。

カーリルの対応は?

この問題に対応するためセッション管理メカニズム(ログイン状態や図書館の設定を安全に保存する仕組み)をアップデートしました。これにより、将来のセキュリティリスクも軽減されます。

どうしたらいいの?

カーリルをご利用のユーザーは、12月中にカーリルにアクセスしてください。最新のセッション管理メカニズムに自動的に移行され、「クッキー」の有効期限も延長されます。

12月中にアクセスしなかった場合はどうなるの?

アカウントが削除されることはありませんのでご安心ください。図書館の設定はログインすることで復元されますが、ログインせずに利用している場合には、改めて図書館の設定が必要となります。お手数をおかけすることをお詫びいたします。


ユーザーの皆様にはお手数をおかけしますが、引き続き、安定的なサービス提供に努めてまいりますので、ご協力を宜しくお願いします。

図書館総合展_ONLINEへのご参加ありがとうございました

11月末までの会期で開催された、国内最大の図書館に関する展示会「図書館総合展」では、多くのご参加をいただき誠にありがとうございました。

オンラインでの展示会開催は、私たちにとっても初めての取り組みであり、新しい体験をすることができました。今回出来たこと、出来なかったことをしっかり整理して、次に繋げていきたいと思っています。ご感想などもお寄せいただければ嬉しいです。カーリルでは、フォーラムの録画配信も行っていますので、ぜひご覧ください。また、カーリルブース ONLINEでは多数の方にお申込みいただきましてありがとうございました。

カーリルでは、引き続き、「図書館をもっと楽しく!」をテーマに技術開発に取り組んでいきます。

数字で振り返る図書館総合展_ONLINE

  • イベントの申し込み 798名(のべ1213件)
  • アーカイブ動画の再生回数 768回
  • ニュースレターの登録数 724名
  • カーリル Happy Shopの注文件数(無料配布も含む)450件
  • カーリルブース ONLINE(zoomミーティング)の件数 16件
  • 期間中に配布した、「カーリル いまやっていることリスト#3」 1480部

Web-OPAC(蔵書検索システム)の評価手法を検討するワーキンググループを立ち上げます

カーリルと次世代の図書館システムを開発する「Project Next-L」では、OPAC(蔵書検索システム)の評価手法を検討するワーキンググループを立ち上げます。このワーキンググループでは、図書館向けの蔵書検索システムの評価手法について実践的な検討と可視化ツールの開発を進めます。

各図書館が提供しているWeb-OPACの品質は、図書館が作成した書誌データと検索システムの設計や実装に依存するため、客観的な評価が難しいのが現状です。また、ミドルウェアのアップデートにより、内部仕様が変更された結果、一部の書誌が検索できなくなるなどの運用障害もたびたび発生しています。

ワーキンググループでは、評価用の書誌データセットと、クエリおよび正解データを整備することにより、検索システムの「評価」と「テスト」の自動化に取り組みます。また、これまで感覚的だったシステム間での検索結果の違いを可視化することで、容易に比較できるようにします。

当面は、カーリルが開発する「COVID-19 : 学校図書館支援プログラム」向けの検索システムと、「Next-L Enju」の検索結果を用いて評価ツールの設計を進める予定です。カーリルでは、開発した評価ツールを開発過程の自動プロセスに組み込むことで、製品の性能を継続的に維持、向上することを目指しています。

長期的にはこれらのデータセットや評価ツールが、システム調達時の性能評価の指標として活用されることに期待しています。このプロジェクトは、オープンソースプロジェクトとして進められるため、誰でも開発に参加することができます。グループでのコミュニケーションは、Code4Lib JAPANのSlackチャンネル「#opac」にて進めます。このプロジェクトに興味があるシステム開発企業や図書館の方はぜひご参加ください。

「カーリルブースオンライン」を開始します!

カーリルでは、図書館総合展期間中に、zoomなどのオンラインミーティングツールを使って、直接相談を受け付ける「カーリルブースオンライン」を開始します。「会場で、カーリルのひとにちょっと聞いてみよう」をオンラインで実現します。

  • カーリルの横断検索サービスを図書館で活用したい
  • 図書館の検索サービスをもっと便利にしたい
  • 図書館システムをもっとよくする方法を相談したい
  • 自社で開発する図書館システムとの連携を強化したい
  • ほかの図書館での活用事例を教えてほしい
  • 学校図書館支援プログラムで聞きたいことがある
  • システムの設計に客観的なアドバイスが欲しい
  • ハッピーショップの商品をもっと詳しく見てみたい

などなど、図書館総合展に参加いただいている皆様からの質問に直接お答えします。事前予約が必要ですが、枠が空いていれば直前(1時間前)まで予約することができます。事前に聞きたいことや、テーマをお知らせいただければ資料やデモ環境なども可能な範囲でご用意いたします。

図書館の方だけではなく、出展企業からの営業や、API連携などの相談も大歓迎。

図書館総合展のスタートに先駆けて、2020年10月30日からスタートします!ぜひご活用ください。

お申込みはこちら(TimeRex)からお願いします。

また、ブーストップページ右下にある「チャットで質問」もご利用いただけます。