カーリルの新しいフライヤー&レターパックプロジェクト

新しいハガキフライヤーができました!

COVID-19の影響により、予定より遅れてしまいましたが、カーリルの新しいフライヤー(はがきサイズ)が完成しました!可能な限り無料でお送りしたいと思いますので、近くの図書館や学校、お店でカーリルを紹介してみませんか?

裏面は、ポスターとおなじ「手を洗おう」のデザインになっています。カーリルを使ってくれるユーザーが増えると、もっともっとサービスを充実することができます。ぜひフォームからお申し込みください。

カーリルのはがきフライヤー(2020年バージョン)

図書館に行けない人に本をとどける「レターパックプロジェクト」

多くの図書館は徐々に従来のサービスに戻りつつありますが、引き続き「さまざまな事情により図書館に来ることができない方」もいることを忘れることはできません。もちろん、電子書籍や、オンライン上のサービスで代替できる場合もありますが、郵送が必要になることもあります。このような場面をカーリルのプロモーション活動を通して支援する「レターパックプロジェクト」を開始します。このプロジェクトでは、最大3000枚(7月3日・3600枚に変更)のレターパックを図書館などに提供します。

レターパックには、カーリルのステッカーが付属します

プロジェクトでは、小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>を活用します。カーリルのプロモーション展開を各種図書館で行うためにレターパックの支援をすることとして、第一回募集に応募したところ、採択されました(採択番号418番)。

この補助金は150万円の事業費に対して、最大100万円の補助を受けることができるため、少ない負担で、カーリルのプロモーション活動のためにレターパックを届けることができることになりました。

レターパックの利用目的

  • まざまな理由で図書館に来られない方への郵送や返却
    • COVID-19の影響に限定しません
    • 紙の本の郵送以外にも利用できます(複写や資料送付など)
    • あらゆる限定条件はありません(自宅が図書館から遠い方に郵送するなども含みます)
  • 相互貸借サービスの回復や推進(図書館間での資料の送付)
  • 感染症が再流行した際の郵送貸出サービスのための備蓄

ご協力いただきたいこと

  • 必ずカーリルのはがきフライヤーを同梱してください
    (補助金の目的がカーリルのプロモーションであるためです)
  • 目的外に使用したり、換金しないでください
  • 送付先リストを全国商工会連合会に補助金の報告書として提出します
    (あくまでレターパックの送り先ですので、図書館などから送付した先についてはリスト提供などの必要はありません)
  • 寄贈のための手続き(書類などの作成が必要な場合など)は、合理的な範囲で対応します。申し込み後にご相談ください。

対象となる図書館

カーリルの検索対象かどうかにかかわらず、学校図書館・大学図書館・病院図書室・公民館図書室・公立図書館などのすべての図書館を対象とします。

NPO、PTAなど図書館とは別の組織でもお申込みいただけます。ただし、送付先が学校や図書館などの公的施設や、マイクロライブラリーなどの場合には稼働実態がウェブサイトから判断できる場合に限ります。個人宅への発送はできませんのであらかじめご容赦ください(フライヤーのみの発送は個人宅でも対応します)。

よくある質問

いただいた質問と回答は随時こちらに掲載します

申し込み方法

申し込みフォームから送信してください。

提供先と反響のまとめ

申し込み時に掲載OKを選択された図書館と、SNSなどで告知している図書館をまとめました。(7月3日更新)

  • 東京海洋大学附属図書館 Twitter
  • 芝学園図書館
  • 八重山農林高等学校図書館
  • 花園中学高等学校 図書室
  • 関西福祉科学大学図書館
  • 兵庫県立大学明石看護学術情報館
  • 市立小諸図書館
  • 恩納村文化情報センター Facebook
  • 滋賀県立膳所高等学校図書館
  • 滋賀県立草津高等学校図書館
  • 高森北小学校
  • 京都精華学園中高図書館
  • 渋谷教育学園幕張中学・高等学校図書館
  • 滋賀県立玉川高等学校図書館
  • 滋賀県立国際情報高等学校 図書館
  • 幸田まちづくりセンター公民館図書室
  • 滝川市立図書館
  • ほか20館

カーリルでは、COVID-19による影響化で学校図書館などの小規模な図書館の柔軟なサービス展開を支援するために「COVID-19 : 学校図書館支援プログラム」(蔵書検索サービスの無償提供)を提供しています。このプログラムでは、長期休校時の郵送による貸出や、予約取り置きなどによる図書館への滞在時間の短縮、また、電子書籍や地域の各種図書館と横断的な検索サービスを提供するなど、さまざまなサービスに活用されています。あわせてご検討ください。