多読で英語嫌いを克服できるかも?! 東京・学校図書館スタンプラリー2013レポート

「たどく」という英語学習法があるということを耳にするようになりました。
漢字で書くと「多読」です。

調べてみたところ、多読学習法とは、自分の力で読めるレベルの本をたくさん読むことによって、自然に英語力が身につく方法だそうです。あまり勉強している感じじゃないのが、何となくよさそうですね。

現在開催中の「東京 学校図書館スタンプラリー」参加校の都立稔ヶ丘高校図書室で、司書教諭による英語多読の講習会があると聞いて、興味しんしんで参加してきました。

多読のルールは簡単!

多読三原則は、
 1.辞書は引かない
 2.わからないところは飛ばす
 3.つまらなければやめる。





普通の英語の授業では、わからない単語は辞書を引き、全てわかるまで皆で読み込んでいきますよね。これを精読と言います。でも多読はその逆で、興味を持ち続けることが大切なのだとか。

日本語の本が面白くなかったら読むのをやめるのと同じように、英語の本も途中でやめてOK。

わからない単語が出てきても、いちいち辞書を引かずに読み飛ばします。むしろ辞書は引いちゃダメで、見なかったことにするのが正解だそう。

多読を始めた頃に読むのは絵本なので、見ていればなんとなーく、意味がわかるようになっています。百聞は一見にしかず、ですね。

また、重要な単語であれば、その後も何度も出てくるうちに覚えるし、イラストと単語をセットで覚えておくと、文字だけの難しい本に挑戦した時にもスラスラ読めるんだとか。

例えばこちらの『A Cat in the Tree』、簡単な絵本なのですが、見慣れない単語が出てきます。
“Wilma’s dad was stuck.”
ウィルマのお父さんは、一体どうしたのでしょうか。
木に登った猫を助けようとして、木に登ったお父さん。イラストから推測するに、どうやら、足を踏み外して身動きが取れなくなってしまったようです。
“stuck”は「身動きが取れない状態」のことだということが、なんとなくわかるようになりました。

外国の文化に親しむうちに、いつの間にか英語が身についている

「かくれんぼ」「つなひき」「かさぶた」「風見鶏」・・・。

これらの単語、英語で何と言うかわかりますか? 稔ヶ丘高校で多読をした生徒さんは、パッと答えられるのだそうです。英語は得意ではないのに、こんな単語がいつの間にかわかるようになっているのも、日常使う生きた英語をたくさん読んでいるから。

本文には全く文字が入っていない、『The Library』のような本もあります。

図書館のカウンターで顔をしかめるお父さん、実は延滞の罰金を払っているところ。日本の図書館でお金を払うことはまずないので、イギリスで本を借りるときは気をつけないといけませんね。

こうして多読をしていくと
 ・英語の世界が豊かになる
 ・外国の文化や慣習を知ることができる
 ・英文を読むのが楽しくなる

・・・かもしれないそうです。昔受けた英語の授業は大変だったけど、わかるところだけ読めばいいなんて、多読っていいですね。

興味がわくものから、どんどん読んでみる

稔ヶ丘高校の図書室のレファレンスルームは、部屋全体が多読コーナーになっていて、どこから読み始めようか迷ってしまうほどです。公立図書館でも、ここまで揃えているところは多くないのではないでしょうか。

多読講座が終わると、見学に来ていた中学生も、早速本を手にとって読んでいました。

スタンダードな英語の絵本の他にも、こちらの図書室には色々なタイプの本があります。

ディズニーシリーズは、一通り読み終わると、最後に簡単なクイズが出題されます。(英語圏での)国語のドリルのような感じかな?

ジブリもありました。
こちらは映画を元にした漫画形式でフルカラーです。ストーリーはわかっているから、少しくらい知らない単語が出てきてもへっちゃらですね。ただ、個人的には全部大文字で書かれていて読みづらいですが。。

図書室を見て学校を決めたくなるかも?

カラフルな本を見ていたら、多読したい気持ちがむくむくとわきあがってきました。

自分の通っていた高校の図書室にこんなコーナーがあって、多読の授業があったら、絶対英語得意になってただろうに!(受験英語除く。)

今回参加していた中学生は、「友達に誘われて参加した。図書室だけで高校を決めることは無いが、本は好きだし、朝読書で読む本は図書室で選んでいる。面白かった。」と言っていました。

学校図書館スタンプラリーを回りながらの学校見学、やっぱり面白いですね。来年はどんな企画が飛び出すのか、楽しみにしています。

(杉山@カーリル

<関連リンク>
東京 学校図書館スタンプラリー
東京都立稔ヶ丘高等学校
高校選びは図書室が決め手! 学校図書館スタンプラリーが開催中(2012年の様子)
多読で英語嫌いを克服できるかも?!-稔ヶ丘高校木場先生ご紹介の関連書籍
それ以外にも「多読」の本をカーリルのレシピで探す!
tadoku navi - 多読学習支援システム

夏休みも図書館に行こう! 2013年全国の図書館イベント情報☆

小中高校が夏休みに入りましたね。
長い休み、予定はお決まりでしょうか。

図書館のイベントも活用して、楽しい休みを過ごしませんか?
カーリルで、全国の都道府県立図書館のイベント情報を集めました。

<北海道・東北>

▽北海道立図書館
~9月8日 イベント「発見! 体験! スタンプラリー! 夏休み探検隊!」
~9月26日 展示「羊と北海道の140年」
▽青森県立図書館
~9月8日 特別展「寺山修司没後30年」
▽岩手県立図書館
8月3日 イベント「なつやすみ!てづくりかがく教室「みんなでカメラをつくろう!」」
8月10日 読み聞かせと講演会「東日本大震災を伝える魂-手づくり絵本の活用を通して-」
▽秋田県立図書館
7月27日 シンポジウム「もっと知ろう!地域でがんばる秋田の地方鉄道」
~8月17日 特別展示「秋田県埋蔵文化財センター出張展示「鬼に金棒・土偶に石棒」」
▽宮城県図書館
8月7日、10日 イベント「夏休み図書館親子ツアー」
~10月25日 展示「きらめく叡智と美のしずく展」
▽山形県立図書館
~8月17日 展示「山形の農と食を考える」
~8月23日 展示「なつやすみ特集」
▽福島県立図書館
8月10日 イベント「アートなおはなしかい」
~9月4日 展示「目にも涼しい 海や船の雑誌」

<関東>

▽茨城県立図書館
7月31日 イベント「図書館特得講座」
~7月28日 展示「「徳川光圀書翰集」光圀関係資料展」
▽栃木県立図書館
8月20日 イベント「親子で体験!図書館活用講座」
▽栃木県立足利図書館
7月26日 夏休みの面白工作会「一緒に作ろう、飛び出すロケット」
8月1日 こども向け講座「探検隊募集!図書館の仕事を見てみよう」
▽群馬県立図書館
~9月25日 展示「山村暮鳥 雲と愛の詩人」
▽埼玉県立久喜図書館
~9月1日 展示「がん、もっと知りたい! ~治療、生活、これからのこと~」
▽埼玉県立浦和図書館
~8月4日 展示「地域ブランド化のヒントを見つけよう!-埼玉の産物や観光をイメージアップ-」
▽埼玉県立熊谷図書館
~8月5日 資料展「「創刊雑誌 百花繚乱」~明治から昭和40年代の雑誌創刊号~」
▽千葉県立中央図書館
~8月31日 展示「千葉県と戦争」
▽千葉県立西部図書館
~8月11日 展示「海 ~生き物の母なる海、そして環境保全まで~」
8月10日 イベント「サイエンス・カフェ(いきもの編)」
▽千葉県立東部図書館
〜10月17日 展示「本(小説)の舞台を旅してみよう!」
▽東京都立中央図書館
8月24日 就職活動セミナー「自分にピッタリの企業を探そう!」
▽東京都立多摩図書館
~9月4日 企画展示「これならできる!自由研究-111枚のアイディアカードから選ぼう-」
▽神奈川県立図書館
8月21日 イベント「著作権豆知識 基礎編」
展示「相模の霊山・大山を旅する」
▽神奈川県立川崎図書館
8月3日 イベント「音のふしぎをさぐる  ストローでトロンボーン 牛乳パックでホイッスルを作ろう!」
~10月9日 展示「星に親しむ」

<甲信越・北陸>

▽新潟県立図書館
7月30日 イベント「きみも目指そう! 図書館マスター」
~8月11日 公開書庫入口展示「夏目漱石」「宮部みゆきVS東野圭吾」
▽県立長野図書館
展示「 涼をもとめて さわやか信州」
▽山梨県立図書館
~8月18日 片岡鶴太郎さん制作「富士の国やまなし国文祭シンボル幕絵」公開中
~9月29日 展示「富士山を読む」
▽富山県立図書館
〜9月1日 展示「立山の自然~写真集・小説・紀行文学など~」
▽石川県立図書館
8月12日 イベント「ぷち読書会」
8月19日 図書館活用講座「図書館長による図書館入門講座」
▽福井県立図書館
~7月30日 特集展示「怪奇・幻想の世界」
8月3日 イベント「大人も挑戦!漢字ゲームと古代文字パズルで遊ぼう」
▽福井県立若狭図書学習センター
~9月1日 本の特集「読書感想文課題図書特集」
~8月31日 展示「ミニ特集 祭礼・伝統芸能・民俗関連の資料」

<東海>

▽静岡県立中央図書館
8月6日~10日 イベント「夏休みは図書館へ!「夏休み子ども図書ウィーク」」
~8月10日 企画展「電子書籍・電子図書館の現在」
▽愛知県図書館
~10月9日 展示「トリエンナーレと現代アートを楽しむ!」
7月25日、26日 イベント「としょかんでしらべよう! 「たんじょうびはどんな日?」」
▽岐阜県図書館
~8月29日 展示「おはなしとか、虫とか、君とか、ヨコヤマ茂未展」
8月8日 イベント「夏休み!子ども図書館探検」
▽三重県立図書館
~8月7日 展示「図書館から旅する東北」

<関西>

▽大阪府立中央図書館
8月13日~25日 展示「未来展」
8月13日、16日 イベント「未来展:ものづくり教室」
▽大阪府立中之島図書館
8月8日 ビジネスセミナー「商業・法人登記情報を活用しよう」
8月2日 高校生対象のワークショップ「なにわタイムトラベル4-中之島図書館の黎明期にタイムスリップ-」
▽京都府立図書館
8月6日 府民講演会「新島八重さんの入門講座」
~8月21日 パネル展示「図書館で、京都のええトコ再発見!」~京丹後市・与謝野町・伊根町篇~
▽滋賀県立図書館
展示「これで夏が涼しくなる!・・・かもしれない本」
▽兵庫県立図書館
8月10日 イベント「平和祈念朗読ライブ「伝えたい、あの日のこと。」」
~9月18日 展示「エネルギーを考える」
▽奈良県立図書情報館
7月27日 公開講座「図書館劇場Ⅷ 奈良・大和の歴史的風景と美術」
8月24日 イベント「千田館長読書相談会」
▽和歌山県立図書館
7月28日、8月22日 イベント「夏休み「図書館ウォッチング」親子の部」
~平成26年3月30日 展示「新美南吉を読もう!-その人と作品」

<中国>

▽鳥取県立図書館
~8月30日 ふるさと鳥取ミニ展示「夏休みに読みたい★とっとりの文学」

▽広島県立図書館

~9月1日 資料展示「安全行動1-2-3で,地震から身を守ろう ―「広島県一斉防災訓練」に向けて―」
~9月15日 資料展示「夏休みに読んでみたい本」
▽山口県立山口図書館
~8月11日 資料展示「ボーイスカウトの歴史」
維新関係資料展示

<四国>

▽徳島県立図書館
~8月18日 展示「図書委員が選ぶ、『おとな』に読んでもらいたい本」
~10月20日 展示「徳島ゆかりの著名人 とくしま 私のこの一冊」
▽香川県立図書館
8月3日 イベント「小学生対象 科学体験フェスタ~県立図書館で科学遊びを楽しもう!~」
~8月18日 展示「香川の子どもたちに読んでほしい100冊」

▽愛媛県立図書館

▽高知県立図書館
8月2日、3日 イベント「夏休み図書館アドベンチャー」
企画展示「苦難のときも喜びも・・・シェイクスピアに人生を学ぶ」

<九州>

▽福岡県立図書館
~8月3日 展示「自然を学ぶ・自然と遊ぶ」の本特集
▽佐賀県立図書館
県立図書館開館100周年記念展示「人生100年設計を考える」
8月7日 法律相談
▽長崎県立長崎図書館
7月27日 県立図書館講座「歌人 竹山広の世界~原爆詠を中心に~」
~9月8日 展示「原爆文学展」
▽大分県立図書館
8月8日 イベント「めざせ!としょかん名人」
8月17日 放送大学公開講演会「万葉集を読む」
▽熊本県立図書館
7月27日、8月10日 イベント「くまモンと一緒に ひのくに古代冒険」記念講演会
7月28日 イベント「夏休みお天気教室2013~親子で気象博士にチャレンジ!~」
▽宮崎県立図書館
7月30日、8月6日、20日 イベント「子どものための「みやざきの言の葉」講座 IN 西都」
置県130年記念「宮崎の魅力実感!美(び)・図(と)・博(はく) 3館見学ツアー」
▽鹿児島県立図書館
~8月29日 企画展示「桜島大正噴火から100年」(講演は7月28日)
~9月1日 ミニ展示「自由研究,図書館におまかせ!」
▽鹿児島県立奄美図書館
~8月15日 展示「夏だ!アツイぞ!」
~8月31日 展示「あなたの学習,サポートします」
▽沖縄県立図書館
8月18日 イベント「就職応援セミナー・おでかけ就職相談会」

都道府県立図書館の他にも、地域の図書館や図書室でも様々なイベントが行われます。
お近くの図書館の情報、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>お気に入り図書館をチェック!

(杉山@カーリル

カーリルのしおりが、海を渡ってロサンゼルスの図書館に!

カーリルのグッズ「しおり」が、米国ロサンゼルスのリトル東京図書館でも配布されています。
ロサンゼルスまで行って写真を撮りたかったのですが、現地から写真が届きましたので紹介します。

まずは、図書館のエントランスから。


キッズゾーンでは、はがきとしおりとステッカーをセットにしてくださいました。しかも、かわいいクリップでとめられています。こちらのセットはおはなし会で配布してくださったそうです。特にお子さんにはステッカーが人気だったとか。

キッズゾーンの窓には「READING is so Delicious」のデコレーションが美味しそうなフルーツとともに飾られています。おはなし会、みんな夢中です。

リトル東京ライブラリーでは、毎月第4土曜日の午後にブックセールを行なっているとのことです。
チラシを見ると、本だけでなくCDやDVDも扱っているようですね。ブックセール会場には意外とたくさんの本がありそう。

日本語の本もたくさんありますね。そして、かわいらしくラッピングされた手作りのお菓子も。

ブックセールの売上は新しい本を購入する資金になるそうです。購入した本にカーリルのしおりを挟んでプレゼントしてくださったとのことです。

図書館のサービスやイベントをPRするために、カーリルのグッズを活用していただき、とても嬉しいです。しおりの活用方法が他にもあれば、ぜひ写真付きでお知らせください!

(ふじた@カーリル
<関連リンク>

「カーリルタッチ」が飯能市立図書館でスタート

スマートフォンで図書館とウェブをつなぐ「カーリルタッチ」が、埼玉県の飯能市立図書館に導入されました。

飯能市立図書館は7月1日(月)に開館した新しい図書館で、地元特産の西川材をふんだんに使った、木の香り豊かな図書館です。

図書館のリニューアルオープンにあわせて、約100箇所にカーリルタッチのタグが設置されました。

「西川材」や「郷土 飯能」といった地域に関するテーマを始め、「村上春樹」「かいけつゾロリ」など、図書館を利用している人にとってはお馴染みのものもあります。

カーリルタッチは、NFCもしくはおサイフケータイ対応の「スマートフォン」をお持ちであれば簡単に使えます。iPhoneの方もQRコードから体験することができます。埼玉県飯能市にお立ち寄りの際は、ぜひ足を運んでみてくださいね。図書館ではカーリルタッチのパンフレットも配布中です。

図書館長の湯川さんにお話を伺いました。

(ふじた@カーリル)

<関連リンク>
カーリルタッチ
飯能市立図書館
プレスリリース|FJMとカーリル、飯能市様新図書館にNFCを活用した図書館システムを構築

図書館デジタル化の波紋、パブリックアクセスと出版は両立するか

※記事タイトルの「オープンアクセス」をより正確に「パブリックアクセス」に変更しました (6/22 17:38)

国立国会図書館が、34万冊以上の著作権処理が完了した本や雑誌をインターネットで公開している近代デジタルライブラリー。この図書館資料のデジタル化をめぐって巻き起こった議論を追いました。

刊行中の本の公開は死活問題

近代デジタルライブラリー、通称「近デジ」が今月になって、インターネットで話題を呼びました。
インターネットに公開されたデジタル化資料が日本出版者協議会の要望により一部が一時公開停止になっているという話です。
この対応をめぐってスラッシュドットTwitterなどインターネット上では、出版社側に批判の声が集まりました。
そこで、公開差し止めを要望した「大蔵出版」の社長、青山さんにお話を伺いました。


当初は正当だという理由で取り合われなかった

大正新脩大蔵経』全88巻が突然近デジ上に公開されたのが2007年。この本は現在も刊行中で、1冊2万円もする高価なものです。国会図書館にすぐ抗議しましたが、著者没後50年を経ており著作権保護期間が切れている、正当だという理由で取り合ってもらえませんでした。

弁護士に相談したのですが、著作権切れの法的根拠があるから難しいとのことで、諦めました。
今年の『出版ニュース』4月中旬号で改めて意見表明をしたところ、国会図書館と会談の場を持つことになり、大蔵出版は日本出版者協議会の一員として出席しました。その結果が今回の発表です。

ヨーロッパでは著作権が切れていても、現実に全集が売られているならば民営を圧迫しないという例もあります。大蔵出版は大正時代に出版された『大正新脩大蔵経』をきちんと復刻して出版するという趣旨の会社。それを否定されたら残るものがありません。国立国会図書館の判断は、この部分を尊重してくれたのだと思います。

批判が続出することは全く予想していなかった

インターネットでの反応は見ていません。著作権が切れているのだから、公開してもよいだろうという批判が続出することは全く予想していませんでした。いくら著作権切れとは言え、現在刊行中で実際書店に並んでいる作品であるということを全く無視して、無断でインターネットに公開すること自体が商業道徳に反するのではないでしょうか。

青空文庫のようなデジタル化にどうこう言うものではない

青空文庫のようなデジタル化プロジェクトについては別段何も思っていません。私が言っているのは、著作権切れになっていても実際に出版社が継続して売っているもの。夏目漱石の作品などと今回とは全然性格が違うので、どうこう言うものではありません。

『大正新脩大蔵経』の現物はずっと売られ続けているし、ワンセット149万円(税抜)もする資料です。本書は1960年~1979年の19年もかけて復刻したもの。昔の本の写真を1枚1枚撮って、本当に手間をかけている。1977年に遺族から著作権も買い取った。遺族との絆もある。そういう意味では、その50年後の2027年までは大蔵出版の著作権保護期間であると考えることもできます。
過去には安い海賊版に悩まされた時期があり、大蔵出版も豪華本から並製本に変更することで価格を抑え対抗してきました。そして今度は「国会図書館がデジタル海賊版を公開する」という事態になりました。

-図書館についてはどう思いますか

大蔵出版の書籍の購入先は多くが寺院。その次が大学図書館で、公共図書館もあります。
県立図書館などは、豪華本を使い古してしまったため展示用として、並製本を閲覧用としているところなんかもあります。図書館に買っていただくのは非常に重要で、利用者が図書館の中で読める、ということは問題ないと思っています。

-今後、近デジや青空文庫のようなデジタル化資料が増えた場合、共存は可能でしょうか

それについてはあまり考えていません。
今回の出版協の申し立てでは、著作権切れでも実際に流通しているものについては、近代デジタルライブラリーで公開しないでほしい旨を国立国会図書館に伝えました。また、著作権者がわからなくなっているものは、最初に復刻した出版者に著作権を付与するべきではないかとも伝えました。

(インタビュー:杉山@カーリル

※『大正新脩大藏經』については大蔵出版が90年代にデジタル化公開の許諾を仏教学界に対して行っており、その結果、SAT大正新脩大藏經テキストデータベースで全文テキストも頁画像も公開されているとのご指摘をいただきました。説明不足があり大変申し訳ありませんでした。(吉本・6/22 18:50)

デジタル化資料をきっかけに紙で復刊

2013年6月20日、彩流社から『エロエロ草紙【完全復刻版】』が発売されました。
実はこのタイトル、近代デジタルライブラリーの閲覧数ランキング1位の人気資料です。それを今回、紙の書籍として刊行することになったのはどういった経緯なのでしょうか。
彩流社の担当、高梨さんにお話を伺いました。

市場に出回ってないのであれば「本になる!」と思った

『エロエロ草子』は昨年の10月頃にFacebook経由で知りました。アクセス数が5ヶ月連続1位をキープしているとか。そんなのがあるんだ、と少し調べてみたら、製本の段階で発禁処分になった本だということがわかり、市場に出回ってないのであれば「本になる!」と思いました。

内容を確認しようと思って近代デジタルライブラリーでダウンロードしてみましたが、中身がどうこう言う前に、文字がはっきり読めなくてイライラするんです。一般の読者も同じ思いをしているのではないかと思って、やっぱり書籍化したいというのが最初でした。

復刻の許可を求めたら怒られると思っていた

国立国会図書館のデータをもらうことは全く考えていませんでした。復刻の許可を求めたら門前払いを食らうのではないか、怒られるのではないか、と思っていました。

復刻のために原本を手に入れたいと思って、神田神保町や早稲田の古書店街を回ったり、研究者に声をかけたりしてみました。しかし、タイトルを聞くと皆「それはない」と即答するんです。しばらく探しましたが見つからなかったので、今年の4月に仕方なく国立国会図書館に行くことにしました。

カラーだということに衝撃を受けた

実物を見たとき、カラーだということに気づいて衝撃を受けました。今、市場に出回っているものは全てモノクロ。当然一般の人もカラーで見たら驚くだろうし、嬉しいはずだと、ますます出版したい意欲に駆られました。
原本は現物はシミだらけでぼろぼろ、破れているページはあるし、糸かがりは外れているし、水に濡れたかのように紙がベコベコになっているところもある。

復刻出版したい旨を申し入れましたが、図書館の役割は資料の提供とともに、後世のために資料を保存することだから、この状態の貴重書は複写許可できないと断られてしまいました。

世の中に「読みたい」という欲求があるのだから、何としても出版したい。別の部署にも依頼してみて、最終的に、デジタル化データはどうしても出すことはできないが、今回だけ特別に原本の複写を許可してもらえることになりました。

原本はひどい状態で退色もしていたので、デザイナーの渡辺さんが80年前の色を想像したり、足りない部分を補って再現してくれました。製作過程はブログで公開しています。

図書館にも置いてほしい

市町村の各図書館にも置いてほしいですね。当時の風俗を知る文化的な資料としても十分価値がある。『エロエロ草紙』というタイトルから青少年に悪影響を与えると敬遠する気持ちもわかるが、隠せば隠すほど、こういった文化が地下に潜ってしまう。国立国会図書館でも公開されているものだから、どこの図書館に行っても見られる状態になっていてほしいです。

権利関係は難しい

近代デジタルライブラリーはモノクロだし、全く別のもの。むしろ宣伝してくれていると思っているくらい。デジタルでは再現できない仕掛けもできたし、今回の復刻版はとてもいいものができたと自信を持っています。
正直なところ、版元には著作権もないし、法律的には全く守られていない状態。今回の復刻に際しても、データ補正などにかなり手間隙がかかっています。できるのならば©(コピーライト)をつけさせてほしいところ。その辺りの権利関係は難しいです。

近代デジタルライブラリーで人気があった別の作品を復刻することも検討したいと思っています。国立国会図書館は敷居が高いと思っていましたが、今回の経験で親しみを感じるようになりました。彩流社自体が、復刻に意欲的な会社でノウハウもある。ぜひやっていきたいと思います。

(インタビュー:杉山@カーリル

改めて図書館と出版を考える

近代デジタルライブラリーに代表される資料のデジタル化は、図書館と出版との関係を考える良い機会になりそうです。今後は、国立国会図書館がインターネットには公開していないデジタル化資料も、公共図書館向けにデータ送信する取り組みが開始されます。

図書館資料のデジタル化が進めば、「建物としての図書館は不要なのでは」という声も多くなるでしょう。国会図書館だけではなく、全国の図書館が、図書館の新しい役割や出版との関係を考えていく必要に迫られることになります。

この問題を巡っては、カーリルの中でもいろいろな意見がありました。デジタル化が進んだ図書館で、自分たちに出来ることは何なのか、さらに議論を深めていきたいと思います。皆さんはどう考えるでしょうか。

(吉本@カーリル

<関連リンク>
近代デジタルライブラリー
エロエロ草紙【完全復刻版】
彩流社
大正新脩大蔵経
大蔵出版
出版協プレスリリース:国会図書館と5日に面談、具体的に成果表れる
国会図書館による著作権切れ書籍のネット公開、出版社側の異議申し立てにより一部を公開停止|Slashdot
青空文庫
国会図書館近代デジタルライブラリーの件で|togetter