【今すぐ参加!】新しい「図書館のデザイン」を体験する、図書館総合展フォーラム

図書館総合展情報第二弾。
フォーラムでカーリルの中の人に会おう☆

今年の図書館総合展フォーラムのプログラムが公開され、申し込みが始まりました。
カーリルは二つのフォーラムに参加します。
ぜひ私たちと一緒に図書館の未来をつくっていきましょう。

図書館をデザインする~情報デザインと主題プロデュースの手法

第一部 パネルディスカッション
新しい図書館のデザインについてパネラーが熱く語る
第二部 ワークショップ
全員参加で、これからの図書館の可能性を探る

カーリルからは、パネリストとして洛西一周が参加します!

11月26日(金) 10:00~14:30
定員:96名
参加費:1,000円
受付締切:11月5日(金)
主催:キハラ株式会社

詳細・参加申し込みはこちらから。定員がありますのでお早めに。

コメント:
このワークショップは、新しい図書館の設計手法(デザイン)が実際に体験できる刺激に満ちたものになると思います。

Twitterなどの登場によって私たちの情報空間は変わりつつあります。図書館は、いま実空間と情報空間の両方でサービスを提供していく存在になりました。そこで、この両者をどのように結びつけて設計したらよいのかということが図書館の共通の課題になっていると思います。

このワークショップでは、ARGの岡本さん、mattの李さん、numabooksの内沼さんらを中心に建築におけるデザイン手法である「パタン・ランゲージ」とウェブの「集合知」という概念を学びます。この二つを組み合わせることで実空間と情報空間のあいだを自在に行き来する魔法のアイテムを手にすることができます。

参加者は、この手法を使って、グループワークや個人作業で実際に手を動かしながら、新しい図書館の設計にチャレンジできます。(詳しくはこちら

現時点で最先端の建築とブックコーディネートとウェブが出会う夢のコラボ企画。
一日でどこまでできるのか? 不安がありますが、新しい感覚を感じてもらえると思います。
個人的にもとても楽しみにしています。 by 洛西一周

Library of the Year 2010 最終選考会


カーリルが、Library of the Year 21010の最優秀賞候補にノミネート。
ここでは、優秀賞の3機関の中から、最優秀賞を決定します。
プレゼンターは、カーリルをよく知る内沼晋太郎さん(numabooks)。
会場の一般参加者票も選考の決め手になります!

カーリルからは、吉本龍司が参加します!

11月26日(金) 13:00~14:30
主催:図書館総合展運営委員会

Library of the Year 2010
参加申し込みはこちらから

なんと、今回のフォーラムは開催時間が重なっているため、涙を飲んでどちらか一方をご選択頂かなくてはなりません・・・。
ぜひ、どちらかお好きな方にいらしてください。
お待ちしております♪

<関連リンク>
第12回 図書館総合展 フォーラム一覧
キハラ株式会社
numabooks
[カリブロ]カーリルも参戦! 図書館総合展のご案内
[カリブロ]カーリルが”Library of the Year 2010”にノミネート!

カーリルも参戦! 図書館総合展のご案内 [11月24日~26日]

図書館総合展で新しい図書館を体験しよう。

今年はカーリルも乗り込んじゃいます。
日本最大の図書館展示会・図書館総合展でお会いしましょう。
当日はちょっと楽しめる企画も考えています。

【第12回図書館総合展】
2010年11月24日(水)~26日(金)
10:00~18:00 @パシフィコ横浜

公式HP http://www.j-c-c.co.jp/library/index.html

※図書館総合展は、図書館に関わる人達が”図書館の今後”について考え、「新たなパートナーシップ」を築いていく場です。ブース展示やセミナー/フォーラムで新しい出会いを探してみよう。図書館関係者以外も気軽に参加できるイベントです。

カーリルの中の人と会える
カーリルの開発者が、ブースで直接あなたの疑問にお答えします。
普段は聞けないAPIのことを尋ねてみるのもいいかも。
どんな人がいるのか覗いてみよう。

カーリルの今後がわかる
ブースだけでなく、パネルディスカッションやワークショップにもカーリルのメンバーが登壇予定。
カーリルのこれからや、未来の図書館のビジョンなどを聞くチャンスです。
また図書館だけでなく、電子書籍全体についても語ります。

カーリルグッズがもらえる
カーリルのステッカーなどの記念グッズを配布します。
この会場でしか手に入らないカーリルグッズをお見逃しなく。
さらに、かわいい特製グッズも販売するかもしれません。
手に入れて、図書館好きに自慢しよう。

ブースは株式会社しずくラボアカデミック・リソース・ガイド株式会社と共同出展。
これからの図書館をつくっていくかもしれない3社のコラボレーションです。

また、カーリルアプリケーションギャラリーに掲載されている”Libron”のつくる社、”ライブラリアン”のArtisan Forceもブースに応援に来てくださるので、開発者に会えるチャンスです。

未来の図書館に、私たちカーリルスタッフも期待が高まります。

図書館総合展には、どなたでも無料でご入場頂けます。
直接会場の入り口で、簡単な登録用紙を記入すればOK。
(※フォーラムへの参加は、別途申し込みが必要です)
皆さんとお会いできるのを楽しみにしています♪

<関連リンク>
図書館総合展
株式会社しずくラボ
アカデミック・リソース・ガイド株式会社
Library of the Year 2010
[カリブロ]カーリルが”Library of the Year 2010”大賞にノミネート!
[カリブロ]カーリルオリジナルバッグできました☆ 図書館総合展で先行販売
[カリブロ]【図書館総合展】フォーラムだけじゃもったいない。カーリルスタンプラリーに参加して図書館の未来を見よう!
[カリブロ]中津川で”カーリルたまごせんべい”つくりました☆
カーリルアプリケーションギャラリー

カーリル図書館APIで賞金100万円をゲットしよう! ~Mashup Awards 6~

あなたのアイデアで、賞金100万円を目指そう!!
カーリルは、”Mashup Awards 6”にAPIを提供します。

☆☆Mashup Awardsを、図書館で埋め尽くそう!☆☆

Mashup Awardsは、新しいWebサービスやアプリケーションの開発コンテスト。
応募者は、カーリルなどの様々なサービスが提供しているAPIを使って、自由な発想で開発出来ます。(※APIとは

みなさんも、カーリル図書館APIを使って、全く新しい「未来の図書館」をつくりませんか?

例えば、
・図書館と、レストラン
・図書館と、つぶやき
・図書館と、携帯電話
・図書館と、ファッション
・図書館と、旅行
・図書館と、クーポン
・図書館と、写真と、乗り物   ・・・などなど。(提供API一覧はこちら

2010年は国民読書年、そして電子書籍元年。
いま、「本」と「図書館」の動向はとっても注目されています。
これからの「知」をいかにして守り、つくり、育てていくのか。
図書館がキーになることは間違いありません。

そんな大注目の図書館APIを使って、マッシュアップ!
カーリルの図書館APIは、どなたでも無料でご利用可能です。
ご利用申請はこちらから

▽MA6概要
作品応募締切: 2010年11月8日(月)
授賞式: 2010年12月4日(土)
賞金・賞品: 最優秀賞100万円(1作品)、優秀賞10万円(4作品)他多数
その他、詳細は公式サイトにてご確認ください。

<関連リンク>
Mashup Awards 6
図書館API

カーリルが”Library of the Year 2010”大賞にノミネート!

カーリルが、Library of the Year 2010の優秀賞に決定し、最終選考に残りました。
推薦して下さった皆様ありがとうございます!

***
Library of the Yearは、これからの図書館のあり方を示唆するような先進的な活動を行っている機関に対して、NPO法人 知的資源イニシアティブ(IRI)が毎年授与する賞です。2006年より毎年、図書館総合展のフォーラムとして開催されています。
公式HP
***

Library of the Year 2010ノミネート機関
京都国際マンガミュージアム
神戸大学付属図書館デジタルアーカイブ事業
カーリル

最終選考は、第12回図書館総合展のフォーラムで行われます。
各機関についてのプレゼンテーションの後、ディスカッションと審査員投票(一般参加者票あり)で決まります。
プレゼンテーションは、カーリルをよく知る方が登壇してくださる予定。
どなたかは、続報をお待ちください♪

図書館総合展は、日本最大の図書館イベントで、どなたでもご来場頂けます。
ご興味のある方、お時間のある方、ぜひご参加ください。
申込方法は、後日公式HPにアップされます。

▼第12回図書館総合展
2010年11月24日(水)~11月26日(金)
@パシフィコ横浜
http://www.j-c-c.co.jp/library/

Library of the Yearノミネートの名に恥じないよう、これからも楽しいサービスを提供していきます!
今後ともどうぞよろしくお願いします。

<関連リンク>
Library of the Year 2010

第12回図書館総合展

大学図書館対応『カーリル・アカデミア』スタート!

カーリルが大学図書館の検索に正式に対応、「カーリルアカデミア」としてスタートします!

▼大学図書館を活用しよう
日本には、大学生はもちろん、地域の方も利用できる大学図書館がたくさん。
いつもの読書から一歩踏み出して、専門的な本を探してみるのもいいかもしれません。
公共図書館と組み合わせて活用することで、もっと読書ライフが豊かになります。

(※利用条件などは図書館により異なりますので公式HP等でご確認ください)

▼大学図書館が選びやすく
図書館選択ダイアログで、大学図書館の一覧から選べるようになりました。
地図上で地名をクリック→下にスクロールしてみてください。
都道府県内の大学図書館が見つかります。

図書館マップからも、全国の大学図書館の一覧がご覧いただけます。
意外なところで、意外な出会いがあるかもしれません。
図書館マップ→大学図書館リストでどうぞ。

▼お気に入り図書館に設定できる数が5つに
みなさまの要望にお応えし、お気に入りの図書館の設定で
同時に選べる図書館が3つから5つに増えました。
さらに多くの図書館を便利に活用できます。

▼近くの大学図書館がカーリルに載ってない!
そんな時は、ぜひ対応リクエストをお送りください。
お問い合わせはこちらから

▼チュートリアル

カーリルアカデミアでは、これからも大学図書館をもっと楽しくするべく、新しいサービス提供を計画中です。
こんなことができたらな、こういう機能がほしい、などなどありましたらぜひお知らせください
みんなでもっと楽しい図書館ライフを送りましょう。

<関連リンク>
カーリルアカデミア
カーリル対応大学図書館一覧
プレスリリース:大学対応プロジェクト「カーリルアカデミア」を開始