図書館で冒険が待っている! -カーリル内に「図書館を使った調べる学習コンクール2011」特設サイトができました

カーリル内に「図書館を使った調べる学習コンクール2011」特設サイトができました!

知りたいことを調べているときの、あのわくわくした気持ち、もう一度味わいませんか?

一緒に「図書館を使った調べる学習コンクール」に参加・応援しましょう。

「図書館を使った調べる学習コンクール」は、みんなが夏休みに興味をもって取り組み、調べたことを作品にして発表する全国コンクールです。

NPO法人 「図書館の学校」主催、昨年第14回の応募総数は20531点以上!

今年の「図書館を使った調べる学習コンクール」からは目が離せない!

皆さんのご応募お待ちしております。

・こどもの頃、こんな調べ学習したな~

・今年はこんなテーマで取り組むぞ …etc.

ハッシュタグ #toshocon をつけて、ぜひツイートしてください。

昨年の優秀作品もご覧頂けます。

こどもたちのレベルの高さにびっくりするかも。

コンクールには、大人の部や図書館活動部門もあります。(詳しくはこちら

「今こそ司書のチカラ見せてやる!」という司書さんたちの宣言もお待ちしています♪

(ILLUSTRATION=SUZUKI AI)

<関連リンク>

カーリル 図書館を使った調べる学習コンクール2011特設サイト  図書館で冒険が待っている!

図書館を使った調べる学習コンクール(公式HP)

[カリブロ]この夏、知的好奇心を刺激してワクワクしよう。カーリルは「図書館を使った調べる学習コンクール」と連携します。

夏休みは図書館に行こう! 全国の図書館のイベント情報☆

夏ですね。
今こそ図書館に行きましょう!
これまで図書館を利用していなかった方も、色々なイベントや夏休みをきっかけに、図書館に足を運んでみませんか。

全国の図書館で開催されるイベントの一部をご紹介します。
ぜひチェックしてみてください☆

<北海道・東北>
▼北海道立図書館 (開館日はこちら
8月4日 北海道立図書館書庫ツアー
▼青森県立図書館 (開館日はこちら
8月8日 親子で作ろう!豆本講座
▼岩手県立図書館 (開館日はこちら
8月14・15・28・29日 岩手県立図書館映画会
8月5日~9月25日 企画展「世界の平泉へ」
▼秋田県立図書館 (開館日はこちら
8月7・21日 絵本よみきかせ「おはなしタイム」
~8月21日 特別展示「おくのほそ道と象潟
▼宮城県立図書館 (開館日はこちら
〜8月31日 特別展「宮城に眠る玉手箱~のぞいてみよう児童資料の世界~
▼山形県立図書館 (開館日はこちら
〜8月20日 テーマ展示 一般向け「暮らしを見つめて」 児童向け「なつやすみ特集」
▼福島県立図書館 (開館日はこちら) ※部分開館中
〜11月30日 展示「災害を乗り越える! 私たちのふるさと展

<関東>
▼茨城県立図書館
※9月開館予定。
▼栃木県立図書館(開館日はこちら
8月9日 親子で体験!図書館活用講座「化石捜索大作戦!-身近な化石を調べよう」
▼栃木県立足利図書館(開館日はこちら
〜9月29日 展示「がんばろう日本! 今こそ読みたい本」
▼群馬県立図書館(開館日はこちら
〜9月25日 企画展示「群馬デスティネーションキャンペーン」
▼埼玉県立浦和図書館(開館日はこちら
〜8月7日 展示:おめでとう「彩の国スポーツ功労賞」知っていますか?なでしこJAPANは埼玉発
▼埼玉県立熊谷図書館(開館日はこちら
〜8月28日 資料展示「鳥瞰図-翔んでみた世界-」
▼埼玉県立久喜図書館(開館日はこちら
〜8月21日 展示「闘病記を読む 著者は病気とどう向き合ったのか その2 脳の病気
▼千葉県立西部図書館(開館日はこちら
〜10月16日 展示「放射線・原子力に関する展示」
▼千葉県立東部図書館(開館日はこちら
〜10月16日 展示「千葉県ゆかりの文学
▼東京都立中央図書館(開館日はこちら
〜8月31日 企画展「日本の食ーゆたかなる東北の幸
▼東京都立多摩図書館(開館日はこちら
〜8月31日 企画展示「これならできる!自由研究
▽神奈川県立図書館(開館日はこちら
〜8月10日 企画展時「相模の霊山・大山~歴史を旅する~
▼神奈川県立川崎図書館(開館日はこちら
8月10・17・24日 夏休み科学映画会 「錬金術と元素」「ロケット」など

<甲信越・北陸>
▼新潟県立図書館(開館日はこちら
8月27日 世界とアジアを旅する講座第5回【モンゴル】
▼県立長野図書館(開館日はこちら
〜8月25日 企画展「しらべるって楽しい!夏休み図書館
▼山梨県立図書館(開館日はこちら
〜9月22日 企画展「平成22年度新収蔵 山梨県関係出版物展目録
▼富山県立図書館(開館日はこちら
〜8月14日 企画展示「夏休みの宿題を仕上げる
▼石川県立図書館(開館日はこちら
8月27日 おはなし会「語りで楽しむグリムの昔話
▼福井県立図書館(開館日はこちら
8月7日 親子でつくろう!夏休みペーパークラフト教室 ほか

<東海>
▼静岡県立中央図書館(開館日はこちら
8月6日 「夏だ!カブトムシ・クワガタなんでも教室」 ほか
▼愛知県図書館(開館日はこちら
〜10月12日 企画展示「伝記をよむ~600通りの人生に学ぶ~」ほか
▼岐阜県図書館(開館日はこちら
〜10月27日 企画展示 「笑いと幻想の世界-絵本の中へ-布山幸子
▼三重県立図書館(開館日はこちら
〜9月29日 「東北を知ろう、東北へ行こう!」月間

<関西>
▼大阪府立中央図書館(開館日はこちら
8月27日 体験イベント「電子書籍ってどんなもの?
▼大阪府立中之島図書館(開館日はこちら
8月11日〜8月18日 大阪府内図書館案内展
▼京都府立図書館(開館日はこちら
〜9月21日 小展示「七代目小川治兵衛植治の庭
▼滋賀県立図書館(開館日はこちら
〜8月31日 夏休み企画展示 「近江の街道
▼兵庫県立図書館(開館日はこちら
〜9月14日 資料展示「道・橋・鉄道
▼奈良県立図書情報館(開館日はこちら
8月20日 図書館寄席「花鹿乃(はなしかの)芸亭(うんてい)Ⅲ
▼和歌山県立図書館(開館日はこちら
〜2012年3月31日 企画展『外国語の絵本に親しもう

<中国>
▼鳥取県立図書館(開館日はこちら
〜8月30日 展示「とっとりの海は不思議がいっぱい
▼島根県立図書館(開館日はこちら
8月5日 たなばたかい
▼岡山県立図書館(開館日はこちら
8月12日 チャレンジ!おかやまサマーカレッジ「備前焼/岡山の刀剣」
▼広島県立図書館(開館日はこちら
〜8月28日 ミニ展示「働くってどんなこと?~農業を中心に~
〜8月28日 ミニ展示「北方領土を知っていますか?
▼山口県立山口図書館(開館日はこちら
〜11月13日 展示「国体の歴史~山口国体・山口大会開催にちなんで~

<四国>
▼香川県立図書館(開館日はこちら
〜9月11日 企画展示「あなたの恋を応援します
▼徳島県立図書館(開館日はこちら
〜8月28日 ミニ展示「阿波おどりマルチビュー
▼愛媛県立図書館(開館日はこちら
8月12日 博士に会いたい!小林朋道講演会
▼高知県立図書館(開館日はこちら
〜8月14日 「世界でたった一つ」の絵本を展示
〜8月31日 企画展示『未来につながる高速道路

<九州・沖縄>
▼福岡県立図書館(開館日はこちら
8月5日 講演会「勝てる読書!!~中高生にすすめたい読書案内~
▼佐賀県立図書館(開館日はこちら
〜8月30日 大展示「緑のカーテン」中展示「ふるさと納税の本」ほか
▼長崎県立長崎図書館(開館日はこちら
〜8月28日 展示「原爆文学展~『ナガサキ』そして『長崎』~
▼大分県立図書館(開館日はこちら
8月3・17日 公開講座「親子でチャレンジ!図書館の本を使った調べ学習講座
▼熊本県立図書館(開館日はこちら
8月25日 夏休みお天気教室〜親子で気象博士にチャレンジ!〜
▼宮崎県立図書館(開館日はこちら
7月31日 夕闇の朗読会&図書館ミステリーツアー
▼鹿児島県立図書館(開館日はこちら
〜8月31日 ミニ展示「仕事に関すること紹介します
▼沖縄県立図書館(開館日はこちら
〜8月1日 展示「グッジョブ運動推進パネル展

ここでご紹介した以外にも、市区町村立図書館や大学図書館・専門図書館でも様々なイベントを行っています。
ぜひ近くの図書館のイベントをチェックして、足を運んでみてください♪
こんな面白いイベントがあるぞ、という情報もお待ちしています^^

また、夏休みはカーリルが後援している「図書館を使った調べる学習コンクール」の下準備期間にもぴったり!
こちらもよろしくお願いします♪

えっ、図書館で出会い系? 「出会い系図書館かふぇ」に行ってきた!

タイトルから”出会い系って・・・”と思った方も多いはず。7月16日に行われた図書館情報学若手の会”ALIS“さんが主催する「出会い系図書館かふぇ」に行ってきました!出会い系と聞いただけでもちょっと行きたくなりますよね!笑そもそも、出会い系図書館プロジェクトって? 「実際の図書館で人と人が出会えたら楽しいなと思い”図書館がより楽しく使えるように”ということを目指し、人と本が集まる場としての図書館の役割について話していける場が作れたらと思い企画しました」by 主催者@eri_twinさん(筑波大3年)出会い系図書館プロジェクトwebサイト http://www47.atwiki.jp/encounterlib/ — そこで、今回は「みんなが考える出会い系図書館ってなんだろう」というテーマでブレスト、意見交換が行われました。
まずは、現在進行形で出会い系図書館プロジェクトに通ずる活動をされている、「Project Sizuku」常川真央さん、人と本ををつなげるしおり「kumori」渡辺ゆきのさんから事例の発表があり、今回の目玉のブレストを開始。
ここからは私が参加した「チームariyosi」内でのブレストの様子と発表内容をお伝えします。 このチームは大学図書館勤務の方、元図書館員の現在出版業界勤務の方、大学生を含む6名で議論をしたのですが、理想と現実をうまくおりまぜてブレストできた印象でした。 出会い系図書館から連想されるいろいろな問題や状況、具体案などをコーヒー片手に雑談もおりまぜて出していき、形にしていきます。 このチームで軸になったのは「コンセプト」。図書館自体に出会いの雰囲気をつくるわかりやすいコンセプトがあれば利用者も行きやすい、イベントがなくてもふらっと足を運ぶだけで人と本に出会えるなど、実際の図書館づくりに具体的に落とし込めそうな形に少しずつまとまり、最終発表時には次のような結論が出ました。
・今ある図書館でもできる、建築の段階からではない、どこでも出会いの場を用意できるテクニックが必要。 ・話しやすそうなジャンル別にテーブルを作り、興味がある人がそこにいきコミュニケーションする。  →図書館員がテーブルにいれば、図書館員の人とも出会える。 ・リアルに出会える場を作ってあげることが必要
変わって、チーム伊藤では 「出会い系図書館の可能性」ということで、今までの間接的(例:sizukuさん、kumoriさん)ではネット上のやり取りやソーシャルネットワークを介してしか出会えなかったというところに着眼。間接的から直接的な出会いにシフトしていくことが重要で、”直接的に出会う事=楽しい”ということを根付かせたい。図書館の静か?草食系?という今までのイメージをかえることが必要との結論になりました。
最終発表を聞いて、実際の図書館でやるにはもうちょっと詰めなくてはいけませんが、今からでも実験はできるレベルまで意見がまとまって、図書館の未来がより一層楽しくなりそうな気持ちになりました。 現在進行形でカーリルでやろうとしていることとも繋がりがあり、今後何らかの形で一緒にやれたらなと個人的に思った次第です。何よりも行ってよかった! 出会い系図書館かふぇは今後も活動を幅広く行っていくようなので、動向は注目ですよ!図書館情報学若手の会ALIS:http://flavors.me/alis_lib出会い系図書館プロジェクト:http://www47.atwiki.jp/encounterlib/ 詳しいレポート:http://d.hatena.ne.jp/Ariyosi/20110717Ustreamはこちらから:part1 part2 part3— イベント会場は、お茶の水駅から徒歩5分のカフェ ヒナタ屋。 とっても雰囲気がよくて、なんだか出会えそうに思えてくる場になっていましたよ~。
URLはこちら:http://www.hinata-ya.net/

書いた人カーリル デザイン担当:黒田知範(クロダトモノリ)カーリル以外にcolish〜誰とどんなふうに住む?〜の立ち上げ・デザインやskmts サカモトソーシャルプロジェクトなどに関わり、これからのメディア、人の繋がり、生活について考えている。カーリル以降いつの間にか図書館業界に深く立ち入ることに。ようやく点と線が繋がってきた今年、カーリルから皆さんに”図書館がもっと楽しく”なるコンテンツを提供できたらと思っています。

『週刊読書人』にカーリルが掲載されました!

7月15日発行の『週刊読書人』にカーリルが掲載されました!


(△週間読書人HPより)

週刊読書人は、ビジネス、小説、学術書の書評やおすすめ書籍を紹介している新聞です。
話題の人のインタビューや対談、時には季節のお祭りや美術展についても掲載され、読み応えがあります。

今回の記事は、エンジニアの吉本へのインタビューを元に、カーリルの面白さや使い方をご紹介頂きました。

書店や、お近くの図書館にてぜひ一度ご覧ください。

>>購入する
>>図書館にないか検索してみる

<関連リンク>
週間読書人

京都の図書館好きが集まった「町家で図書館を考えるサミット」レポート

7/9日、町家で図書館を考えるサミット(イベント告知はこちら)に、約30人の図書館好きが集まり、京都の図書館についてさまざまな話題で語り合いました。



第1部は、ビブリオバトルの提唱者、谷口忠大(@tanichu)氏によるビブリオバトルの紹介。ビブリオバトルは、コミュニケーションの手段ですというお話からはじまり、ビブリオバトルのルールや遊び方に秘められた意図、図書館での取り組みなどについて熱く語っていただきました。定期的にビブリオバトルを開催している図書館もあるようです。個人的には、「データのやりとりだけでは、情報共有できない。本を題材に語ることで打ち解けられる」という話に惹かれました。

第2部は座談会。主なテーマは、「図書館の日常」。あまり知られていないようなユニークな図書館の取り組みや、利用方法などを話し合いました。今回は、司書、出版社の編集者、ビブリオバトル、カタリベカフェの運営者、子育て中の父親・母親、図書館好き、カーリル開発チームなどバラエティに富むメンバーが集まり、どの話題にも、複数の視点の意見がでてきたことが新鮮でした。図書館の取り組みが広がる一方、新しい試みは既存の利用者からは歓迎されないことも多く、新しい図書館ユーザー層の呼び込みを同時に実現しないと、徒労に終わってしまうといった課題も見えてきました。

ここでは紹介しきれないので、詳しくは、このブログの最後のUstreamをぜひご覧ください。

紹介された活動

京都御所の中にある図書館

本が旅をする BookCrossing

京都造形芸術大学 芸術文化情報センター ピッコリー

本と人をつなげるしおり kumori

参加者のイベントのレポート

イベントの内容についてブログを書いていただいた方を紹介します。



klarer-himmel13さんのレポート


すごく詳しくまとめられています。一部引用します。

図書館の静動

騒がしい方がおもしろいという声を聞きました(図書館は本と出会う場所なので)

単にゾーニングの問題にとどまらない

本をどこで読むか

上の話題と関連しますが、家やカフェで読むという方も

図書館で調べる、という視点が入ると変わってくるのかもという声をTLで目にしたり

畳のある図書館がほしい(すでにあったりするのだろうか。乳幼児用に靴を脱ぐスペースはよく見るが)

図書館法

そのような法律がある、ということがトリビア、でした

本とお酒

この組み合わせは相性がよい

図書館でお酒が飲める?! ”図書館Bar”に行ってみた☆ ― カーリルのブログ

アサヒ ラボ・ガーデン|アサヒビール(座談会で紹介しそびれたのでこちらで)

もっと読む…

chocola905 さんのレポート

カタリベカフェやBookCrossingについて紹介していただきました。

Ustream

すべての動画をこちらで見ることができます。

1. ビブリオバトル

2. 座談会

3. 懇親会

座談会の後は懇親会。ビールやピザ、お寿司を囲んで楽しい時間を過ごしました。図書館ネタで司書も利用者もここまで打ち解けて話せるなんてステキですね。

【編集雑感】

谷口さんは、「本は、子共のとき読むのと大人になってから読むのでは意味が違う。だれが読むかによっても違う。」と語り、本が媒介する感動や意味を積極的に共有していくことが大事だと語ってくれました。それに最近出版される本の数は多くなりすぎて自分にあった一冊を見つけるのは至難の業とも。そうなってくると自分にあった本を選んだり、本について語ったりするのにビブリオバトルや、個性的な本屋さん、カタリベカフェなどが、本と出会う場所として中心的な存在になるのかもしれません。Googleも友達が薦める情報を検索結果に出すという時代ですからITの世界でも連動して同じようなことが起こっているとも考えられます。これからも本と図書館の関係に注目していきます。