洋書の森に行ってみよう&「大学読書人大賞」贈賞式


6月17日(金)、大学読書人大賞の贈賞式が行われました。
(大賞が決定した公開討論会の様子はこちら)
今年の大賞に選ばれたのは『天地明察』。
著者の冲方丁氏に大賞が贈られました。

冲方さんからは「努力するときは、それを達成した際にどんな自分になっていたいかのイメージを持つ必要がある。そうでないと間違った方向に努力してしまい成果が得られないことが多い。ぜひなりたい自分を想像して努力してほしい」と学生の向けたメッセージが贈られました。
実行委員と本の推薦者の学生たちと
ところで、贈賞式が行われた日本出版クラブ会館の一角には「洋書の森」というライブラリーがあります。
著作権フリーの、英語を中心としてフランス語、ドイツ語などの洋書が常時1,200冊ほど所蔵されています。

本棚いっぱいの洋書
利用者は、翻訳家や外国文学等を専攻している大学生が多いそうですが、一般の方も登録すれば貸出が可能です。(1回2冊まで、1か月間)
実際にこのライブラリー蔵書から出版に至った本
日本でまだ翻訳されていない洋書をいち早く読んでみたい方、会員登録してみませんか?
洋書の森の番人が、笑顔で迎えてくれますよ。(杉山)
<関連リンク>