サービスに関する重要なお知らせ


2017年8月29日《追記》
Amazonアソシエイト契約はこれまで通り継続されることとなったため、直ちにサービスに影響することはありません。現在、新たな書誌データベースの構築および切り替えの準備を進めており、順次切り替え実施する予定です。詳しいスケジュールについては決定次第お知らせいたします。カーリルでは、ご利用いただいているユーザーの皆様への影響を最小限にしながら、オープンな書誌情報の世界にスイッチします。
 
2017年8月25日
 
カーリルでは、Amazon.com, Inc.が保有する豊富な書誌情報(本のデータベース)をAmazonアソシエイト契約に基づき活用することにより、利便性の高い検索サービスを実現してきました。現在、Amazon.comよりカーリルとのAmazonアソシエイト契約が終了する可能性を示唆されているため対応を進めています。
 
Amazonアソシエイト契約の終了は現時点で決定事項ではございませんが、カーリルではこの機会に、Amazonのデータを主体としたサービスの提供を終了し、オープンな情報源に切り替える方針を決定しました。現在、新しい情報検索基盤の構築を進めておりますが、状況によっては一時的にサービスを中断する可能性があります。(追記により状況がアップデートされました
 
カーリルではAmazonに依存することによるリスクを回避するため、「書誌情報・書影を自由に」をコンセプトとするopenBDプロジェクトを推進してきました。今後主要な書誌情報としてこのデータベースを活用します。openBDで不足する書誌情報は、各種機関のオープンデータ及び商用プロバイダ、全国の図書館のメタデータにより補完する予定です。これにより、従来と比べよりオープンで充実した検索結果を提供できるものと確信しています。
 
この数年間、カーリルでは「日本にあるすべての本をあたりまえに探せるようにする」というテーマを掲げ、技術開発や図書館への技術提供、連携、実験等を行ってきました。今後はこれらの成果を十分に活用し、より使いやすいサービスの実現を目指します。
 
検索結果への影響
検索インデックスの最適化を並行して進めているため、一時的に検索精度の低下が発生する可能性があります。また、一部書誌の欠落等が発生する場合もございます。長期的には、データの充実を通して検索精度の向上と網羅範囲の拡大を図ります。
当面の間は従来のサービスと同様、カーリルでは「ISBNの付与された書誌(本)」、カーリルローカルでは「図書館のすべての書誌」を対象とした検索結果を表示しますが、今後はシームレスに検索できる方式に移行する予定です。
 
書影(本の表紙画像)への影響
書影は、Amazonの保有する圧倒的に豊富なデータにアクセスできなくなることにより、短期的には網羅率の大幅な低下が発生します。今後はopenBDのデータ充実を通して改善を図ります。
 
図書館業務向けサービスへの影響
カーリルが展開する図書館業務向けサービスや、館内向けサービスについては従来よりAmazonの提供するデータベースを利用していないため影響はありません。
 
図書館APIへの影響
無料で公開する図書館APIへの影響はありません。 
 
経営に与える影響
Amazonアソシエイトによる広告収入は、カーリルの運営にとって重要な役割を果たしてきました。しかしながら収入源の多様化を推進してきた結果、Amazonから受ける広告費は収入全体の5%以下となりました。そのため経営に与える影響は軽微なものとなります。
 
 
カーリルでは、ご利用いただいているユーザーの皆様への影響を最小限にしながら、オープンな書誌情報の世界にスイッチします。いろいろと不完全なところもあるかもしれませんが、皆様からの積極的なフィードバックお待ちしています。随時、Twitter、ブログ等で最新情報を発信いたします。
 
※この情報は現在進行中の情報をあらかじめお知らせするものであり、確定的な情報ではありません。具体的な時期等についても決定しておりません。
 
※AmazonおよびAmazonロゴはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の登録商標です。