夏休みも図書館に行こう! 全国の図書館イベント情報☆

今週末から夏休み! という方も多いのではないでしょうか。
ご予定はお決まりですか?

カーリルで、全国の都道府県立図書館で実施されるイベントを集めてみました。




<北海道・東北>
▽北海道立図書館
~8月30日 展示「オリンピック物語-第30回オリンピック競技大会・いざ!ロンドンへ!-」
▽青森県立図書館
8月12日 秋田雨雀作品 紙芝居『鶴の湯物語』実演会」
▽岩手県立図書館
~9月23日 企画展「新渡戸稲造と『武士道』~生誕150年記念~」
▽秋田県立図書館
~9月2日 テーマ展示「日本の夏の風物詩を知る」
▽宮城県図書館
~8月31日 特別展「3・11漫画家の祈りと激励展-東日本大震災文庫展II-」
▽山形県立図書館
~8月18日 企画展「ロンドンオリンピック、スポーツ特集」「なつやすみ特集」
▽福島県立図書館
~9月5日 展示「文字ガラス絵の世界展~赤間利晴の文字アート」

<関東>
▽茨城県立図書館
8月12日 三の丸寄席 特別企画 『暑気払寄席』
▽栃木県立図書館
企画展示「地震・雷・火事・オカン~あなたのおうちは大丈夫?」等
▽栃木県立足利図書館
~8月30日 特設コーナー「子どもと楽しむ夏の本棚」
▽群馬県立図書館
~9月23日 資料展示「いろいろな国の絵本」
▽埼玉県立久喜図書館
~8月19日 資料展示「医療小説の世界」
▽埼玉県立浦和図書館
~8月26日 展示「音楽で世界を旅しよう~イギリス編~」
▽埼玉県立熊谷図書館
~8月26日 資料展示「博物館の愉しみ」
▽千葉県立中央図書館
~8月16日 展示「プラントハンター ~まだ見ぬ植物に憧れ世界探検に赴く人たち~」
▽千葉県立西部図書館
~9月20日 展示「宇宙へのきぼう」
▽千葉県立東部図書館
~8月31日 展示「オリンピックと英国・ロンドン」
▽東京都立中央図書館
~9月9日 企画展示「オリンピックのときめき 軌跡~ロンドンそして東京へ~」
▽東京都立多摩図書館
~9月5日 企画展示「これならできる!自由研究」
▽神奈川県立図書館
~10月10日 ミニ展示「神奈川の東海道と宿場 ~神奈川宿・保土ヶ谷宿・戸塚宿~」
▽神奈川県立川崎図書館
8月26日 サイエンスカフェ「糖尿病になりやすい体質ってなんだろう?」

<甲信越・北陸>
▽新潟県立図書館
~9月2日 ギャラリー展示「大地の芸術祭 写真展」
▽県立長野図書館
~8月30日 企画展「しらべるって楽しい!夏休み図書館」
▽山梨県立図書館
移転・開館準備作業のため休館中
▽富山県立図書館
~8月22日 企画展示「資料に見る植物の世界」
▽石川県立図書館
~9月27日 企画展示「中谷宇吉郎 没後50年」
▽福井県立図書館
8月12日 納涼落語会

<東海>
▽静岡県立中央図書館
~8月30日 企画展示「大龍勢」
▽愛知県図書館
~9月12日 企画展示「戦記を読む」
▽岐阜県図書館
~10月14日 ミナモがいっぱい「ぎふ清流国体」展示
▽三重県立図書館
~8月19日 つつみあれい原画展

<関西>
▽大阪府立中央図書館
~8月26日 未来展「ものづくりは人づくり~伝統は未来へつづく~」
▽大阪府立中之島図書館
~8月15日 特別展「和本の楽しみ」
▽京都府立図書館
「オリンピック」に関する図書コーナー
▽滋賀県立図書館
8月9日 出前講座「しが統計・キッズクイズin滋賀県立図書館」
▽兵庫県立図書館
~9月19日 展示「平清盛 その人・業績と時代-平家納経からみる平氏一門-」
▽奈良県立図書情報館
~9月27日 図書展示「古事記の世界をよむ – 資料でたどる古事記の歴史 – 」
▽和歌山県立図書館
~8月末 展示「長野ヒデ子さんがとどけてくれたもの」

<中国>
▽鳥取県立図書館
~9月末頃 鳥取県×明治大学連携展示企画「アニメが描く希望と未来展~アトムから初音ミクまで~」他
▽島根県立図書館
館内資料展示「ねぇ!この本読んで。」〜しまね子育て絵本
▽岡山県立図書館
8月19日 とことん活用講座「環境とアレルギー」
▽広島県立図書館
~9月30日 資料展示「パーク&ライド~人と環境を育むまちづくり~」広島県都市計画課連携
▽山口県立山口図書館
~8月30日 維新関係資料展示「変化朝顔の流行」

<四国>
▽徳島県立図書館
~9月3日 企画展示「図書委員が選ぶ、今も心に残る絵本」
▽香川県立図書館
~9月9日 企画展示「親子で食育4~知って食べると、もっとおいしい!~」展
▽愛媛県立図書館
8月19日他 子どもの読書活動推進のための研修会
▽高知県立図書館
~8月22日 展示「鳥取県と海を交換!ジオパーク交換展」

<九州>
▽福岡県立図書館
~9月23日 ミニ展示「福岡県のオリンピック選手」
▽佐賀県立図書館
展示「伊能忠敬の足跡」他
▽長崎県立長崎図書館
~9月17日 県立長崎図書館創立100周年記念企画 「植木家資料展~島原半島の発展に尽くした植木元太郎関連資料~」
▽大分県立図書館
「もっと美術を! 県美協秀作展」
▽熊本県立図書館
8月26日 マンガミュージアム展記念シンポジウム 熊本にマンガのミュージアム?「マンガミュージアムのこれまでとこれから」
▽宮崎県立図書館
~8月14日 古事記編さん1300年記念図書館交流展示 島根の展示
▽鹿児島県立図書館
~9月30日 企画展示「かごしま路面電車100年とその歴史」展
▽鹿児島県立奄美図書館
展示「夏にお薦めの本」
▽沖縄県立図書館
~8月20日 写真展「なつかしき沖縄~いま」

この他にも、市区町村立図書館などでも様々なイベントが行われます。
ぜひ、近くの図書館に足を運んでみてくださいね。

 ⇒お気に入りの図書館の情報をチェックする!

(杉山@カーリル

大人の職場体験!カーリルが司書さんのお仕事を体験してきました

図書館で「大人の職場体験」なるものが開催されると聞いて、黙ってはいられません!
司書さんの仕事の一端を実際に体験してきました。

7月29日、お邪魔したのは東京都の葛飾区立立石図書館

2011年6月末にリニューアル開館した図書館で新しく、晴天も手伝ってとても明るい雰囲気です。

正面玄関を入って右手には図書館のカウンターと雑誌コーナー、左手には総合受付と喫茶コーナーがあります。ケーキおいしそうだった。。
今回の職場体験の会場は2階研修室。
看板を見ると期待が高まります。
受付を済ませると、いよいよ職場体験のスタートです。
まずは講義から。
お話をしてくださったのは、司書の岡さん。
15~16世紀頃の西洋の図書館では、本棚は鍵付きだったそうです。
勝手な持ち出しや、場所の移動を禁止するためだったとか。
教会の図書室も、地域の人が見に来ると棚から本を取ってくれと言われてしまうため、本棚にカバーを書けて見えなくしてしまったそう。
しかし、本を並べているだけで利用しないのであれば、図書館の意味がありません。
「図書館は利用するためのものである」
図書館学の父・ランガナタンが経験した事例を、参加者は熱心に聞いていました。
そして、この後体験する配架作業(本を棚に戻す作業)のために、「請求記号」の見方を勉強しました。本の背表紙についているアレです。
上段が「分類記号」(*1)、下段が「著者記号」の二段組みになっています。
一般的な請求記号の他にも、立石図書館独自の分類をし、カラーテープや犬のイラストを貼ってある本もあるとのこと。図書館の特色が出ていて面白いですね。
一通りの分類の説明を受けたところで、早速お仕事体験開始です!
配架と保護フィルムシート貼りの2班に分かれて作業をします。

まずは配架のお手伝いから。

カウンターの横に、本日返却された本が並べてあります。
ここから2~3冊を手に取り、請求記号を見ながら本棚に戻していきます。
小説などが置いてある棚。
立石図書館では、913(日本の小説)と914(日本のエッセイ)を、著者毎に一緒に並べているとのこと。 間違えないようにしなければ。
中高生向けのYA(ヤングアダルト)コーナーは、その中に全てのジャンルがあり、分類毎に並んでいるため難易度が高い、と岡さん。
ここでご紹介した配架は立石図書館のものです。

それぞれの図書館によって独自の分類をしているところがきっとあるはず。

同じ本でも図書館によっては異なるジャンルに分類されていることがあるので、いつも通っているお気に入り図書館での分類がどうなっているか、一度じっくり見てみると面白いかもしれませんよ。

さて、30分程で配架が終了し、次は本への保護フィルムシート貼り体験です。

保護フィルムシートを貼るのは、本の汚破損を軽減するのが目的。
少しでも長く多くの人に読んでもらうためです、と館長の玉川さん。
テーブルごとに講師の司書さんに手順を教えてもらいます。
まずは、本が中心に来るように保護フィルムシートを置き、位置を決めます。
位置が決まったら、本の形に合わせてシートにしっかり折り目を付けます。 
しっかり折り目が付いたら、台紙からシートを折り目の辺りまで剥がします。 
折り目の端と本の端を合わせて、1~2cm程度慎重に貼り付けます。 
次に、本の角に向かってシートに斜めに切り込みを入れます。
直角にしてしまうと、本からはみ出てしまうことがあるので、内側に入りきるくらいが目安です。
切り取るとこんな感じ。見えるかな?
この切り取ったシートの端っこはあとで使うので取っておきます。
今度は表紙にシートを貼っていきます。
長い定規を使って、空気が入らないように、でも引っ張りすぎないように慎重に。。
背表紙の辺りまで貼り付けたら、背表紙の方に向けてシートに斜めに切れ込みを入れます。
切れ込みの位置が、背表紙ぎりぎりにならないように、少し内側に向けて切ります。
裏側にも同様にシートを貼り付け背表紙に切れ込みを入れます。
上下とも切れ込みを入れたら、本のカバーを外し、背表紙部分のシートを内側に折り込みます。
これで棚から本を取り出すときに、カバーが破れるのを防げますね。
本に カバーを掛け、上下の貼っていないシートを折り込んで貼っていきます。
歪み防止のため、2番目に貼るのは最初の箇所の対角線上に。
こうするときれいに仕上がるのだそうです。
全てを貼り終えたら、空気が入ってしまったところに穴をあけ、空気を抜きます。
最後に、先ほど切り取ったシートの切れ端を、表紙裏の破れやすいところに貼って完成! 
一連の工程を5分もかからず、パパッと説明してくださいました。
(因みにこれは一例で、司書さんによっては先に全部貼ってから切る人、切ってから貼る人など、それぞれにやりやすい方法があるのだそうです。)
やり方がわかったところで、いざ、保護フィルムシートかけ!
事前に、一人一冊、カバーをかけたい本を用意するように言われており、各々持参した本を手に、慎重に作業に取り掛かります。
わからない部分は司書さんに聞きながら。
私はミヒャエル・エンデの「鏡のなかの鏡-迷宮-」を持ってきました。
さあ張り切っていきましょー!
・・・と、いきなり順番を間違えました。
貼る前に切ってしまって、 しかもシートの裏表がわからなくなってしまい助けて頂くことに。
何とか貼ることはできたものの、引っ張りすぎて表紙が閉じなくなってしまいました。完全に失敗です。。
もはや自分ではどうしようもないので、何とか直して頂きました。
そして、出来上がりがこちら。
一度切って補修してあるため、裏表紙がかわいそうなことに。
最後まで気を抜かず、もっと丁寧に仕上げるべきでした。エンデさんごめんなさい。
うまくできるとこんな感じになります。笑顔も素敵!
プロがやると簡単そうに見えることも、やっぱり素人には難しいですね。実際に体験して、改めて実感しました。
とはいえ、(失敗したけど)とっても楽しかったです♪
今回は参加者13名。東京都外の方もいらっしゃったとか。
それだけ図書館の仕事が魅力的ということですね。
尚、次回の「大人の職場体験」開催予定は未定とのこと。
好評であれば、また企画したいとのことでしたので、ぜひ第2回を期待したいですね。
司書さん体験をしてみたい大人の皆さん、お近くの図書館でも持ち込み企画してみると、もしかしたら実現するかもしれませんよ。
(杉山@カーリル
<参考>

カーリルで富山県内全ての図書館の蔵書が検索できるようになりました

カーリルで、富山県内全ての図書館の蔵書が検索できるようになりました!

本日、南砺市の図書館の蔵書検索に対応し、富山県内15市町村全ての自治体の図書館の蔵書が検索できるようになりました。
カーリルの中で初めて、市区町村カバー率100%を達成! ぜひご利用ください。

富山県以外の都道府県でも、随時対応を進めています。
蔵書検索システムがあるのに、カーリルでは対応していない、という図書館を見つけましたら、ぜひご連絡ください

全国制覇を目指して頑張りますので、引き続き応援頂けると嬉しいです♪

(杉山@カーリル

図書館公式「本のレシピ」が続々。図書館ページとも連携できるようになりました

皆さんに大好評の「本のレシピ」、毎日続々増加中♪

「本のレシピ」とは
ユーザーの皆さんがテーマを決め、そのテーマに沿った本を紹介して頂く、本好きのコミュニティです。
本のレシピを見て、本選びの参考にしたり、ぜひ紹介したい本をレシピにしたり、色々な楽しみ方ができちゃいます。

本のレシピを、図書館の公式アカウントで企画展示のご紹介などに活用頂いています。
読んでみたい本を探すためや、自館の展示の参考に、図書館がどんな本のレシピを作っているのか覗いてみませんか?

三重県立図書館

多治見市図書館

国際交流基金関西国際センター

大阪信愛女学院図書館

新潟医療福祉大学図書館

また、図書館公式アカウントは、図書館ページに連携させることができるようになりました。連携させると、レシピが図書館ページに表示されるようになります。

三重県立図書館

<図書館の方へ>
図書館ページでの公式アカウントの連携方法は、以下の通りです。

1)公式アカウントでカーリルにログインする
2)図書館ページに管理者ログインする
3)管理画面再下部の「ユーザーを結びつける」ボタンを押して保存する

以上で、図書館ページにレシピが表示されるようになります。ぜひご利用ください。

* * *

図書館公式アカウントのレシピは、図書館の特色が出ていて面白いですよ。
もっと増えて、都道府県別比較なんかできても楽しいですね。
図書館の皆様、投稿お待ちしています♪

(杉山@カーリル

埼玉県上尾市にカーリルデザインの図書返却ポストが登場

埼玉県上尾市のJR上尾駅前にカーリルデザインの図書返却ポストが設置されました。
通勤・通学のついでに本が返却できて便利な場所です。

駅入り口に近づくと、遠くからでもよくわかる水色の箱が見えて来ます。

近づいてみると。。

おお、かわいい!

二つ並んだボックス、それぞれデザインが違います。

上尾駅をご利用の方、お近くにお立ち寄りの際にはぜひ一度ご覧ください。
そしてお急ぎの場合は図書返却ポストをご利用ください。
(CD・DVD・ビデオの返却は図書館にお願いしますね。)

住民の皆さんがいつも使っている場所に、カーリルデザインの図書返却ポストが設置されてとても嬉しいです♪ 上尾市図書館さんありがとうございます。

★この図書返却ポストは図書館用品の総合メーカー
キハラ株式会社とのコラボにより実現しました★

(杉山@カーリル