「カーリルタッチ」が飯能市立図書館でスタート


スマートフォンで図書館とウェブをつなぐ「カーリルタッチ」が、埼玉県の飯能市立図書館に導入されました。

飯能市立図書館は7月1日(月)に開館した新しい図書館で、地元特産の西川材をふんだんに使った、木の香り豊かな図書館です。

図書館のリニューアルオープンにあわせて、約100箇所にカーリルタッチのタグが設置されました。

「西川材」や「郷土 飯能」といった地域に関するテーマを始め、「村上春樹」「かいけつゾロリ」など、図書館を利用している人にとってはお馴染みのものもあります。

カーリルタッチは、NFCもしくはおサイフケータイ対応の「スマートフォン」をお持ちであれば簡単に使えます。iPhoneの方もQRコードから体験することができます。埼玉県飯能市にお立ち寄りの際は、ぜひ足を運んでみてくださいね。図書館ではカーリルタッチのパンフレットも配布中です。

図書館長の湯川さんにお話を伺いました。

(ふじた@カーリル)

<関連リンク>
カーリルタッチ
飯能市立図書館
プレスリリース|FJMとカーリル、飯能市様新図書館にNFCを活用した図書館システムを構築