「2012大学読書人大賞贈賞式」に行ってきました


活字好きの若者による、活字好きの若者のための年に一度の本のお祭りが「大学読書人大賞」です。

4月の公開討論会で『ハーモニー』が大賞に決定し、6月7日の贈賞式では著者の故・伊藤計劃さんのご両親に大賞が贈られました。
⇒ その他の候補作をカーリルで検索。

会場の入り口には大賞候補作が並び、参加者を迎えます。

贈賞式では、大賞作品を推薦した中央大学の佐貫さんにも表彰状が渡されました。

もっと伊藤さんの作品を読みたかった。伊藤さんが伝えたかったものを自分たちが受け継いで形にしていきたい、とコメントを述べました。

因みに、賞状の文面には今回のエントリー作品すべてのタイトルが盛り込まれています。

「あなたは図書をめぐるビブリア戦争を勝ち抜き青年のための最優秀読書人賞に輝きました。その愛ははしたなき扱いを受けるかもしれませんが それでも無垢に作品とのハーモニーを奏で続けて下さい」

読み上げられると、会場から笑いが起こりました。


(中央大学・佐貫さん)

そして、伊藤計劃さんのご両親へ大賞が贈られました。
贈賞式当日の6月7日はお父様の誕生日とのことで、息子からの誕生日プレゼントかもしれないとおっしゃっていました。

質疑応答には、担当編集の塩澤さんが対応。
生前『ハーモニー』が完成した際、「これは小説なのかな」と伊藤さんがつぶやいたという逸話も出ました。小説というより、伊藤さんの生の声に近いのではないかと感じたそうです。

今年で5回目を迎えた大学読書人大賞。
運営側の学生さんが毎年入れ替わっていても、参加サークルも増え、どんどんレベルが上がっているそうです。

「近頃の若い者は本を読まない!」・・・なんてことありません。

一作品を読み込み、推薦文を読み込み、討論する。
その過程で作品への理解は深まり、仲間とともに読書を楽しんでいるのではないでしょうか。

大賞に参加していない大学生の皆さんも、大学生以外の皆さんも、ぜひ大学生オススメの本を手に取ってみてください。

(取材:杉山@カーリル

<関連リンク>
最終候補作をまとめて検索☆ → 2012大学読書人大賞のレシピ
2012大学読書人大賞が決定!(カーリルのブログ)
大学読書人大賞公式ウェブサイト
2011大学読書人大賞