Google Chromeで音声入力による蔵書検索に対応


Google Chrome 11以降に搭載された新機能、「HTML Speech Input」にカーリルにて対応しました。
これにより、カーリル及びカーリルローカルで、音声入力により簡単に蔵書検索ができるようになりました。

対応環境でカーリルを開くと検索ボックスの右側にマイクのアイコンが表示されます。
このアイコンをクリックしたあと、マイクに向かってキーワードを話しかけてみてください。

窓の杜「音声入力API“HTML Speech Input”に対応した「Google Chrome」v11の正式版が公開」